●●●ストレングス・デザインに基づく自主製品づくりを目指す●●●

●●日立市しいの木学園●●



施設の紹介
自主製品の紹介と販売
ストレングス・デザイン

【HOME】








施設の紹介 【TOP】



日立市しいの木学園(障害者就労支援施設(就労継続B型))


1、目的
  一般の企業等に就職することが困難な知的障害者に作業を提供し、収入の道を開きながら、自立と自活に必要な施設支援を行います。

2、所在地
  日立市助川町5−12−1

3、電話
  0294(23)3125

4、開設日
  昭和49年4月1日

5、対象者
  18歳以上の知的障害者

6、利用手続
  訓練等給付の支給申請を行い、支給決定を受けてから施設を利用することになります。
  利用を希望するときは、障害福祉課又はしいの木学園にご相談ください。

7、運営
  指定管理者としてNPO法人日立太陽の家が運営を行っています。
















ストレングスとは


ストレングスとは、利用者のもつ潜在的な力、未活用の能力のことをいいます。
生得的な能力、獲得した才能、発達させたスキル、
将来性、個人がうまくできると思うなどを意味しており、
そのうちには未活用な潜在的状態にあるものも含まれています。
個人が持っているものももちろん、集団やコミニュティがもつストレングスもあります。



ストレングス・デザインとは


このストレングスに着目し、ストレングスを活用した製品を
「ストレングス・デザイン」に基づく自主製品と呼ぶことにしました。
日立市しいの木学園の自主製品は、
全てこの「ストレングス・デザイン」を活かすことに着目して製作しました。
それぞれの作品に込められた個々のストレングスを、心から感じていただければ幸いです。






【TOP】


【TOP】